フォト
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の21件の記事

2012年3月28日 (水)

夜RUNのススメ

高知市では桜が満開になったと聞く。

♫ 少し遅れても季節の花は 約束通りにきっと咲く ♫ いいフレーズだなぁ。

ここ数年、桜の開花が早くなったような気がしていたが、今年の遅さがむしろ正常なのかもしれない。

夜RUN。ちょうど今の時期はいい感じ。

夜22時でも気温は10度位あり、風がなければ最高。走り始めは少し寒いが、5分もすると暖かくなってくる。Tシャツ1枚ではさすがに寒いので、体温調節のために、ジッパー開閉できるようなトレーナーを羽織るといいかもしれない。

Sya

これは、ホームコースにある橋。グリーンにライトアップされていて、殺風景な都会の光の中でちょっと目を引く建造物で、昼間とは違った光景が目を楽しませてくれるのも、夜RUNの楽しさだ。

2012年3月23日 (金)

再起動

大会後、久しぶりにRUNを再開。

予報では、15度位の陽気になっているはずである。

陽気がいいので、遠出しようかとも考えたが、結局いつものホームコースへ繰り出す。

大通りの角を曲がった所で、とてもいい匂いがしてきた。キンモクセイ?? でもたしか木犀は秋だったような気が。

香りに後ろ髪を引かれつつ5キロ程ゆっくりRUN。さすがに平日なので少なかったが、それでもカラフルなウェアを身に纏った女性ランナーと、3人程すれちがった。

プロムナードにはサクラの木がたくさんあるので、開花の時期が待ち遠しい。

帰りに、香りの正体を探してみた。歩道脇にこんもりとした植え込みがあり、紫まじりのかわいい花を咲かせて、芳香を漂わせている。なんていう花(木)なんだろう?
Hana

帰宅後、ネットで調べてみると、「沈丁花(ジンチョウゲ)」と判明。

そういえばセンバツも開幕している。春を実感した再起動RUNであった。

2012年3月21日 (水)

そろそろ・・・

イベントから10日あまりが経過。

周囲との会話でも、マラソンネタはそろそろ飽きられてきた今日この頃。

名古屋シティマラソン後は、休養のためにまったくトレをしていないが、気持は早くRUNしたくてウズウズしている。

明日あたりから、ソロソロ再開とするか・・・

ここで、今後の予定をコミット。

 1.今年秋に再度ハーフマラソン参加、目標タイム=2h15m。
 2.来年春にフルマラソン参加、目標=完走。

ということは、2013年の2月頃には、東京マラソン??しかしまぁ、あまりシリアスになりすぎると続かないので、ベースはあくまでFunRun。

そのためにも、RUN仲間を増やしていこうと思う。

2012年3月15日 (木)

【当日】おまけ

応援に駆けつけてくれたMさんが撮影してくれた、動画をUPしてみました。

 ★動画はこちらからご覧ください★

写メを撮ってくれると勘違いして、RUNを忘れてピースサインで近寄ってしまってますw

===================
マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知の「名古屋シティマラソン2012」に関する記事は、ひとまず終了です、最後まで読んでいただいた方に感謝します。

夜陰にまぎれてこっそりと始めたRUNでしたが、最後にはイロイロと応援の声を掛けていただくなど、自分の中ではとても盛りあがったイベントとなりました。

この大会で得た感動やRUNの楽しさを、一人でも多くのヒトに伝えていければと思っています。

ブログを見て興味を抱いたあなた!きっかけは何でも良いとおもいます・・・

RUN WITH ME.

2012年3月14日 (水)

【当日 その6】データでレースを振りかえる

というワケでマラソン終了。

ここでタイムを振りかえってみる。

大会サイトでゼッケン番号を入力すれば、自分のスプリットを見ることが出来る。

というか、出場者のフルネームがわかれば、誰でもネットで検索することが出来るのである。

ちなみに、どうやってタイムを記録するのかといえば、ゼッケンにICチップが付けられていて、スタートからフィニッシュまでの各ポイントで自動的に計測されるというワケ。


★これが自分の結果。【2h44m】FunRunということにしておこう。
01_yain_2

「スプリット」とは号砲が鳴ってからの累計経過時間で、一方の「ネットタイム」とはスタートポストを通過してからの累計経過時間である。つまり自分のように最後方からスタートすると、スタートポスト通過までに既に10分程度経ってしまっているので、当然ネットタイムの方が早くなる訳。つまり正味の時間ということ。


比較のために・・・

★「うまとボールと雑食男子~競馬とサッカーと趣味のブログ~」を書いている、望クンのタイムは【1h53m】、速っ!!
03_zssyoku

★友人である謎のランナーは【2h17m】、本気の走り。
02_nazo

★エリートランナーがどれだけ早いかというと、惜しくも6位だったウィメンズの野口みずきさんは、フルマラソンを走って【2h25m】!つまり私がハーフを走るよりも早い時間で、2倍の距離を走破したいうワケ、凄すぎる。
04_noguchi

★ナイキアスリートの道端ジェシカさんは、フルで【4h36m】モデルなのに本気走り!
05_michibata_3

というわけで、データで振りかえってもおもしろいマラソン。


※まだまだ続く!?

【当日 その5】名古屋シティマラソン「FINISH」

いよいよFinish!

へとへとに疲れて歩くも同然で進んでいたが、最後くらいは!と力を振り絞ってRUN。
Sya02_2

不思議とゴールした時は、感動とか涙とかとは無関係で、きわめて冷静な気持ち。まあ、完走目標のFunRunなのだから。

Finishゲート通過後は、白川公園へと誘導され、水の配給/タイム計測用ICチップ回収/タオル配布/手荷物受け取りなどが流れ作業よろしく行われる。
Sya03

一緒にエントリーした友人を見つけ、互いの労をねぎらう。

ゴール後は、記念写真を撮影するヒト、疲れ果てて芝生に倒れ込んでるヒトなど、様々なランナー達がそこにいる。

このままここにいても仕方が無いので、いそいそと退散モードへと切り替える。が、なんか寂しいなぁ。

ハーフとはいえ、1万人のヒトビトがこの日に照準を合わせて努力してきたのである。もっと感動的なFinish演出があると良かったのになぁ。

ともあれ、とても楽しく思い出に残る名古屋シティマラソンであることは間違いなく、参加して本当に良かったと思う。

一緒に健闘したランナーはもちろん、スタッフさん、沿道の市民サポーターさん本当にありがとうございました。

Sya01

※まだまだつづく

2012年3月13日 (火)

【当日 その4】名古屋シティマラソン「10→20km」

コース閉鎖危機を回避し、気を取り直してひたすらRUN。

再び新瑞橋へさしかかった所で、「○○さぁーん!!!」と自分の名前を呼ぶ声がするので振り返ると、なんと、Mさんが応援に来てくれている!めちゃ嬉しい。

よくマラソン中継を見ていて、沿道の応援で元気が出たと聞いたことがあるが、まさにその通りで、10kmを過ぎてヘタレかかっていた所でのまさかのサポーター出現。みるみる元気が出てきてスピードが上がる。

 ★10km→Finish コース試走動画はこちら★

しかし、である。元気が出たのも束の間、再び環状線に戻ってからは気にしていたヒザが痛みだしペースが落ちる。
01

もしものためにと用意していたアイシングスプレーをヒザに施し、RUN続行。

15kmの吹上付近を通過し、ほどなく今池付近から桜通へと左折するあたりから、「あと少し」の声援が沿道から聞こえてくるようになり、名古屋中心市街地へと入る。
03

桜通の対向車線は、ウィメンズが最後の力走をしている。あーいつかはフルマラソンも出てみたいと思う。

地元では「ヨンイチ」と呼ばれる国道41号線や、セントラルパークの久屋大通、東急ハンズのある大津通などなど、普段はクルマであふれる大きな道路をいま走っているのである。
04

この非日常感、大都市マラソンでしか味わえない醍醐味だと思う。また、沿道やスタッフの方々の声援もとても励みになる。

大津通りを過ぎたあたりで、再びMさん出現で励まされる(本当にありがとう!!!!)。

日銀前を左折しラスト1kmの伏見通へ。
02

そして見慣れた勤務地近くを通り過ぎ、Finishの白川公園が目前に迫って来た・・・。
05

※つづく

【当日 その3】名古屋シティマラソン「スタート→10km」

スタート直後はランナー達の中にいるので気づかなかったが、ほどなく出来町通を右折するポイントで、前方の群衆としか言い表しようの無いランナー達を目のあたりにして、改めて息をのんだ。それほどヒトの数が多いのである。

 ★スタート→10km コース試走動画はこちら★

スグに環状線へと左折。あとは新瑞橋までひたすら直線道路を進んでいく。今池/吹上/御器所と見慣れた風景をあっという間に通過。5km地点の桜山付近からようやく気持ちの高揚が落ち着いてきて、周囲の風景を楽む余裕が出てきたように感じる。

最初の給水所がやってきた、水とスポーツドリンクが紙コップに注がれてたくさん用意してある、もちろん焦ること無くいただく。

それにしても楽しい。ちょうどウィメンズのランナー達が対向車線を折り返して走行していて、仲間のランナーを見つけて対向同士でハイタッチをしているヒトもいる。自分はというと、予告通りの完走ペース7m30s/1kmをきっちり保っている。
1_2

7kmあたりの新瑞橋で、10kmランナーは左折し瑞穂競技場を目指すが、ハーフのランナーは右折し折り返し地点の堀田を目指す。
2_2
2箇所目の給水所を過ぎた所で、係のヒトが「間もなくぅ、11:45でコースが閉鎖となりまぁす!」と大声で告げている。もしやと時計を見るとあと20分程度しかなく、焦り少しペースをあげる。堀田で折り返し今来た対向車線を見ると、「収容バス」がゆっくり走行しているではないか。安心して自分のペースを保っていたが、よく考えると号砲から10分遅れでのスタート地点通過が響いているのだ。あやうく収容を逃れて10kmポイントを通過。
3

※つづく

2012年3月12日 (月)

【当日 その2】名古屋シティマラソン「スタート」

名古屋ウィメンズマラソンのスタート観戦もそぞろに、自分の名古屋シティマラソン(ハーフ)の出場準備へと向かう。

申込み時に自己申告したタイム順にスタートブロックが割り振られているようで、Pブロックという一番後方エリアへ、スタート20分前の9:50迄に整列しないといけない。が、ウィメンズを観戦しすぎたために殆ど時間が無く焦る。

トイレの列に並ぶも遅々として進まず、結局スタート位置への移動が始まってから、やっと列に合流することになる。

ほどなく10:10の号砲だが、遥か後方にいるので大画面モニターによりそれとわかるという仕組み。
1
名古屋シティマラソンは、名古屋ウィメンズマラソンより少ない1万人の参加であるが、それでもすごい数のヒトであり、スタートしても列は歩く程度にしか進まず、スタートポイントを通過したのは10:20頃であった。

スターター台に「たかし」がいて、誰ともなくバンザイコール起きてたかしと一緒に大声で叫ぶ。スタートから大盛り上がりだ。
2


さあ本当に始まってしまった。

※つづく

2012年3月11日 (日)

【当日 その1】名古屋ウィメンズマラソン2012 スタート

いよいよ大会当日。

名古屋ウィメンズマラソン2012が、先行して09:10号砲なのでスタート地点へ見に行く。

観衆だけでもすごいヒトだ、中にはマラソンとは関係ないヒトで道が横断できなくて怒っているヒトもいる。

ちょうどスタート地点から100m位の場所で見る事ができた。

報道車、先導白バイにつづいてランナー達がやってきた、野口みずきさんもいる。

マラソンを初めて観戦したが、早い!あたりまえだけど。

エリートランナーにつづいて、一般ランナー。

というか、すごい数である!!

★スタート風景の動画はこちらで★

「堰を切ったように」という言葉がピッタリで、まさに濁流のようにヒトが流れていく。

でもみんな楽しそう!とりわけ女性はウェアがカラフルなので、楽しさ感が倍増である。

女子力すごし!!!

15分待ってもランナーが途切れない!15,000人のランナーはどれくらい続くのだろう。聞くところによると、女性だけのマラソン大会ではランナー数世界一で、今日ギネスに認定されるそうである。

あっ、ソロソロ自分の用意をしなければ。

※つづく

1

2012年3月10日 (土)

【出場に向けて 20】 マラソンEXPO おまけ

おまけ。

マラソンEXPOの中日新聞社ブースでは、ドアラが普通に一般の方の受付係をしてましたw

6


【出場に向けて 19】 マラソンEXPO その2

ステージではナイキアスリートの道端ジェシカさんや安田美沙子さんのトークイベントも行われている。

5

イベントブース横には、名古屋ウィメンズマラソンのFinishゲートがあった。野口みずきさんがんばってほしい。

4

こんな感じで、出場者じゃなくても、楽しめるイベント。入場無料なのでぜひ行ってみてほしい。

さあ、いよいよ明日!楽しんできます!!

※応援にこられる方へ。明日は↓こんな↓コスじゃなく、ウェアで走ります。見かけたら声をかけていただけると嬉しいです。

2


【出場に向けて 18】 マラソンEXPO その1

いよいよ「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知」が開幕。

事前エントリーとマラソンEXPOに行ってみる。

まずはエントリー。名古屋ウィメンズマラソンと名古屋シティマラソンはエントリー会場が別になっていて、ハーフ(名古屋シティマラソン)はナゴヤドーム近くの名古屋市東スポーツセンターで行われている。混雑しているかと思ったが、ゼッケン番号別にたくさんの受付ブースが設けてあり、並ぶ事すらなくすぐにエントリー終了。そして特製Tシャツをいただく。

1

そのまま、ナゴヤドームのマラソンEXPOへ。こちらはさすがにヒトが多い。ちょうどファミリージョギングも行われていて、子供たちもたくさんいた。会場内はスポンサーのMENARDとNIKEのブースをメインに、名古屋メシを提供するブースまである。ちょうど震災1年の"RUN TOGETHER"イベントがあり、エントリーした。※つづく

3


2012年3月 8日 (木)

【出場に向けて 17】アイテム04 iPhone用アームバンド

いつもiPhoneアプリを利用してRUNしている。

しかしiPhone本体は手持ち。

大会出場にあたり、カラダに固定できるアイテムは無いかと探したところ、「iPhone4 アームバンドA型スポーツジャケット」なるものを発見。

早速、楽天のクールセブン(COOL-7ショップ)で注文、迅速な対応ですぐに商品が届き、トレに出ようと腕につけたとたんにボタン部分が取れてしまった。

お店にメールをするとすぐに代替品を送っていただけるとの事。これまた迅速ですぐに届いた。点検すると今回は問題ないようだ。しかも、ナント代替品が3個も送られてきた。

本当にこんなにいただいて良いのか?とメールで質問すると、深夜にも関わらずすぐにレスが来て、「不良品の報告は当店にとって貴重な情報で、今後の他のお客様に不快感を与えることを止める事が出来まして感謝いたしております。3点全てご利用頂き全く問題ありません。少ないくらいです。」との事。素晴らしい!

という訳で、自分一人で3個も使えないので、iPhone4Sユーザーの方でアームバンド欲しいヒト。メールをいただければプレゼントします。

あっ、この書き込みはステマではないので、念のため。

1_2


【出場に向けて 16】 トロフィー

名古屋ウィメンズマラソンのトロフィーは、なんとティファニー製とのこと。

その実物がティファニー名古屋店で展示されているとの情報を得て見に行く。

てっきりショーウィンドウに展示してあるかと思うが見当たらず。

もしや店内かと、おずおず入店。

「あのぉウィメンズマラソンのトロフィーを見せていただきたいのですが・・・」と聞いてみると、こころよく案内される。さすがに平日だからか見学に来ているヒトはいない。

おぉっ!WBCのトロフィーも展示してある、そしてお目当てのモノは店内中央にあった。なんかトロフィーというので、大相撲賜杯的なモノを想像していたが、全然違い、トレーの形をしている。パイ型のようでもある。よく見ると、盤面にはナゴヤドームや名古屋城がデザインされている。

でも安心したのは、名古屋らしくなかった事。金シャチのデザインとかならどうしようかと思っていたので。

ところで、トロフィーはとてもすばらしい事がよくわかったのであるが、入賞者への副賞とか賞金はどのようになっているのか?いろいろと調べてみたがわからない。「やっぱりトロフィーよりも賞金」と思うのは自分だけか!?


1


2012年3月 7日 (水)

【出場に向けて 15】 タイム

目標と自信の通過予測時刻を発表。

目標はズバリ完走!本当はタイムトライアルと言いたいところだが・・・。

で、数少ない読者の中で、さらに「応援に行ってやろう!」という奇特な方がいるといけないので、予想通過時刻も発表。コースはこちらを参照。

=======================
Start   :10:10
5km地点 :10:48(11:00頃)
10km地点:11:25(11:40頃)
15km地点:12:03(12:15頃)
20km地点:12:40
Finish :12:55(13:10)
 ※()内はコース閉鎖時間
=======================

ちなみに、アスリートが走ればハーフマラソンは1時間ちょっとなので、早いヒトは11:20頃にはフィニッシュしているはずである。

一方、都会の公道を使用するため制限時間が設けられている。上記一覧表の()内が閉鎖時刻である。大会案内によると、「コース閉鎖後コース上に残っているランナーは次のコース閉鎖地点で収容バスに乗車するか、最後尾の収容バスに乗車してください」とある。これだけはぜひとも避けたい。

いないとは思うが、万が一応援に来てやろうという方は、どこで応援しているかを事前に知らせていただきたい。なぜなら、応援/ランナーともにたくさんのヒトがいるので、見つけられない可能性があるから。


より大きな地図で ハーフマラソン を表示

2012年3月 6日 (火)

【出場に向けて 14】 アイテム03 サポーター

どうも膝の調子が良くない。あまりネガティブな話題は書きたくないのだが、今回はアイテムの紹介もあるのであえて書く。

ペースにもよるが、普通に走行していると30分程度で痛み出してくる。しかし、痛いといっても、1日くらいで痛み自体は治まるので、整形外科に行く程でもなさそう。いろいろ調べてみると膝の故障はひたすら安静にするしか方法は無いようだ。大会が終わったら、しばらくは安静にして不安がなくなったら膝を中心にジムトレでも始めるとしよう。

それはさておき、目の前の大会で膝痛を少しでも抑制するために、ランニング向けのヒザ用サポーターを手に入れた。少々高額だが、見た目からしてもヒザをしっかりサポートしてくれそうなココロ強い見方である。

何回か装着してRUNしたが、ヒザまわりのホールド感はとてもしっかりしていて、ココロなしか痛みだすのが抑えられているような気がする。

【出場に向けて 13】 トレッドミル

大会直前というのにシューズを新調し、早々に足慣らしをしたいのに天候は雨。

そこで、雨に濡れない状態でトレ出来ないかあれこれ調べてみた。

第一候補は、ナゴヤドームの「ドームてくてくコース」、なんとドーム外周の雨に濡れない部分700mが、ジョグコースとして解放されているようだ。しかし、着替えやシャワー施設の有無が不明なため却下。

さらに探したが、さすがに実走行できる雨天練習場は見つけられなかった。

そこでビジターでも利用できるジムを探していたところ、加入している健保組合と提携している某スポーツクラブが入会手続きは必要ではあるが、都度利用で1,780円(施設により料金変動あり)出来るではないか!しかも、今回探した店は、名古屋市内ではないものの、JR駅に直結していて雨に濡れずに行け超便利。さらに、天然温泉施設まで備わっているという。

さっそく行ってきたが、とても快適。こんなに快適なら、厳冬期、外でのトレを寒さを理由にさぼったときも利用すれば良かったなぁ。

特にスパ施設は、普通のスーパー銭湯にも引けをとらないファシリティだった。お湯は地下1300mから湧出しているとの事で少し塩っぱい。全身マッサージチェアも無料で使えた。膝痛が再発するといけないので、30分程度の軽いジョグではあったが、気持ちのいい汗をかき、NEWシューズも快調であった。

【出場に向けて 12】アイテム02 ソックス

アイエムその2はソックス。

ずっと前から欲しいと思っていたTabioのレーシングランという商品

実店舗の「靴下屋」はあちこちで見かけるが、レーシングランを扱っているのは、名古屋で3店舗のみ。

今回は、イオンモール熱田の店でGET。たかが靴下なのに1,680円もする!

5本指仕様で、指元付近はメッシュ構造になっていてムレを防ぐようだ。さらに足裏には滑り止めのシリコンがついていてランニングに集中できると、説明書に書いてある。

実際の機能はさておき、シューズのオレンジと同色で、自分で見ていても力が湧いてくる気がするから不思議。

Tabio


2012年3月 5日 (月)

【出場に向けて 11】アイテム01 シューズ

ここに来て最後の悪あがき。

大会まで残すところ数週間になって、藁をもすがる思い出、RUNに役立つアイテムは無いかと探してしまう。

つまり、トレの足りない部分をモノで補おうという魂胆である。

まずはシューズ。直前になって新調するなんて足になじまないのでは!?という意見は承知だが、どうもヒザが良くないのである。ある程度の距離をすぎると痛くなる。

トレ開始から使っていたシューズは、実はもうずいぶん昔に買って使わないまま靴箱にしまっていたもので、見た目は奇麗だがゴム(ウレタン)が劣化しているのではないか、つまりヒザにも良くないのではという結論。

そこで、先日お世話になったadidasPCを再訪、シューズを見立ててもらう事にした。

単にRUN用といっても様々な種類がある。事情をはなし適切なモノを2種類チョイスしていただき、更に悩んだ末に決めた。自分では見た目がもっと派手なシューズがいいのではと密かに思っていたが、よく店員の方に聞くと見た目だけでは決めない方がよいとの事。

1


2012年3月 3日 (土)

【出場に向けて 10】 コース試走

コース試走動画の続きをUP。

10kmからハーフのフィニッシュ(ウィメンズは約20km地点)まで。

興味のある方はこちらからご覧ください。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »