フォト
無料ブログはココログ

« 第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(大会当日スタート前) | トップページ | 第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(当日 10〜20km) »

2012年10月17日 (水)

第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(当日 スタート〜10km)

さあ、レースが始まった。

あらかじめ説明しておくと、このコース(ハーフ)は起伏に富んでいて、途中8〜10km付近では、一気に高低差100mを登るという、とても辛いコースになっている。

◆スタート〜5km>>>>>

土佐タッチとたくさんのギャラリーの声援に気を良くして、軽快なスタート。

↓マリオも走る
01_mario

しばらく、ダラダラの昇りがつづく。2.5km付近で右折し、ゴルフクラブの横を通ると、カートに乗ったおじさん達がすぐ横を通っていった、羨ましい。

その後は、田んぼの中を走る感じで、とてものどかな風景が広がり気持ちがいい。

↓田園RUN
02_denen

◆5〜10km>>>>>

初めてのエイドステーションで、スポドリをいただく。MEDALISTという商品で、クエン酸の味がする。

クネクネとコーナーを抜けて、8km付近から上り坂が始まる。後で知ったのだが、参加者はこの坂を通称”カモシカ坂”と呼んでいるらしい。あたりの景色も、田園んから野山に変わった。ずっと近くを走行していた、2h15mのペーサーさんを見失ってしまった(多分引き離されたのだろう)。

↓かもしか坂(序章)
03_nobori

さあ、この坂をどんな作戦で行くか、選択は2つ。1.全力で駆け上る 2.ゆっくりでもいいので無理をせず体力を温存する。スタート前から決めていたのだが、後者で行く事にした。幸い、坂の手前までは、6m00s/kmと自分としてはかなりハイペースで来ている。

坂の印象はというと、ひと言「きつい」。ヒトによっては「心が折れそう」と感じるらしいが、自分的にはソコまでではない。途中、カワイイ幼稚園児?たちが整列して応援してくれる、こんな場面ではつらくても頑張ってしまうのだから、恥ずかしい。9km付近では、給水&おもてなしポイントがあり、バナナをいただく事ができた。

↓カワイイチアリーダーたち
04_girls

しかし、延々と続く上り坂には勝てず、歩いてしまう。峠である約10km地点では6m35s/kmまでペースが落ちてしまったが、あとは大きな坂はないから、もう少しペースを上げれば、目標の2h15mは行けるのではないかと思えてきた。

↓かもしか坂(疲労のピーク)
05_nbori

まだまだ、つづきます・・・

« 第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(大会当日スタート前) | トップページ | 第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(当日 10〜20km) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582379/55907542

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(当日 スタート〜10km):

« 第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(大会当日スタート前) | トップページ | 第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(当日 10〜20km) »