フォト
無料ブログはココログ

« 第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(事前情報) | トップページ | iPhone破壊RUN »

2012年10月11日 (木)

遠い番台RUN

「番台」ってコトバ、いまはあまり使わないのかなぁ。

昔ながらの銭湯で、お店の人(たいていおばあちゃん)が座っている場所で、料金収受やお客さんの管理をするところのこと。

RUNを終えて、久しぶりに行ってみるか!ということで、近所の銭湯に行ってみた。ここで言う銭湯は、今風のスーパー銭湯ではなく、昔ながらの銭湯である。

入り口に到着すると、まだオープンしていないらしく、暖簾がしまわれていて、玄関も閉まっている。看板を見ると、「営業時間 PM3:30〜10:00」となっている。もう少しで営業時間なので待つことにした。この銭湯は初めて訪れるのだが、存在自体は前から知っていて、一度行ってみたいと思っていた。

↓銭湯の入り口
Sento


程なく、親子連れ(父親と小学生くらいの男の子)もやって来て、一緒にオープンを待つ。

それにしても、このお店は細ーい路地を入っていった奥まった場所にある。そしてその路地の脇には、ちびっ子広場的な空き地があって、かなり昔に作成されたであろう、飛行機の遊具が置いてある、しかも大昔のJAL風のデザイン。なんかこの一角だけが時代に取り残されたような感覚になる。

↓銭湯への路地
Roji_to_sento

↓飛行機の遊具
Jal

まだオープンしないのかなーと待っていると、近所のおばちゃんが、「なにされているのですか?」と訝しげに声を掛けてくる。『(何って)銭湯が開くのを待っているんです!』と言うと、「あっ、ソコはだいぶ前に店を閉めましたよ」とのこと。『・・・』コトバもなくがっかり。てか、店構えだけを見ていると、今にもオープンしそうなんだけどなぁ・・・。

かくして、小学生の親子共々、肩をおとしてその場を去って行くのであった。

« 第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(事前情報) | トップページ | iPhone破壊RUN »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582379/55853414

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い番台RUN:

« 第7回 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(事前情報) | トップページ | iPhone破壊RUN »